男性ホルモンが原因のにきび予防には化粧水が効果的

 

ニキビの原因として考えられるホルモンバランスの乱れとはどういったものなのでしょうか?
特にUゾーンににきびができると男性ホルモンが増加していると考えられます。女性の中にも男性ホルモンは存在していますが、このホルモンが増加することによって、角化細胞が増殖し、肌の柔軟性を失い、角栓による毛穴詰まりを引き起こしやすくなります、また、皮脂分泌も過剰になりにきびができやすくなります。
ではトラブルができないように予防対策として、お化粧水を十分つけると効果的と言われています。なぜなら、お肌は毛穴と汗の穴で出来ており、皮脂と汗(水分)のバランスが良いと綺麗な状態であり、バリア機能という外敵や菌から守って切れる作用があります。しかし、皮脂と水分のバランスが崩れるとトラブルが起こります。つまり、水分が少ないと皮脂を過剰に出してお肌を守ろうとしてしまうからです。そのため、しっかりお肌に水分がある状態にしておくと、皮脂過剰になりすぎないのでとてもにきび予防に効果があると考えられます。
また、乾燥やシワに対してもお化粧水を十分つけると予防としてはよいですし、バリア機能が整っていると敏感にもなりにくいので、万能と言えるでしょう。

 

年代別や口コミで人気の化粧水


更新履歴